覚満淵(Kakuman buchi)

その他(Other)群馬(Gunma)

〒371-0101群馬県前橋市富士見町赤城山

駐車場:すぐ側にビジターセンターの無料駐車場がある。


 

大洞赤城神社(Daido Akagi jinja)がある大沼(Ono)にほど近い絶好の撮影スポット、覚満淵(Kakuman buchi)です。遙か昔は大沼(Ono)と覚満淵(Kakuman buchi)は繋がっていましたが、長い年月の間に大沼(Ono)の水位が下がり、今の形になったそうです。

 

 

西暦500年代に比叡山延暦寺(Hiei zan Enryaku ji)の高僧である覚満法師(Kakuman Houshi)が、この地で七日七夜に渡って大法会を開きました。その事により、覚満淵(Kakuman buchi)と呼ばれるそようになったそうです。

 

 

管理人はカメラマンでは無いので、大した写真は撮れません。でも、覚満淵(Kakuman buchi)の魅力的な風景は、私の低い技量を補って余りあります。

 

 

覚満淵(Kakuman buchi)は、小尾瀬(Ko oze)とも呼ばれます。尾瀬(Oze)とは日光(Nikko)の北西にある広大な湿地であり、非常に有名な観光地です。

 

 

サイト内リンク→「尾瀬国立公園(Oze Park)」工事中

サイト内リンク→「日光リンク集(Nikko Link)」

 

 

因みに、この写真を撮影したのは、十月下旬の夕方です。覚満淵(Kakuman buchi)は朝霧でも有名な場所です。

 

 

赤城山(Akagi san)はレンゲツツジでも有名です。見頃は5月の下旬から6月の上旬です。

 

 

この写真を撮影した時、遠くから鹿の鳴き声が聞こえてきました。その声が何となくもの悲しくて、この風景に合っていたのを憶えています。

 

 

一時的に風が止んでくれたので、シンメトリーの写真を撮る事が出来ました。

 

 

西日が沈む前の瞬間です。

 

 

覚満淵(Kakuman buchi)は、季節によってはカメラマンが押し寄せるそうです。

 

 

大洞赤城神社(Daido Akagi jinja)や大沼(Ono)も、優れた撮影スポットです。折角ここまで来たのなら、合せて参拝もしておきたい所ですね。

 

 

サイト内リンク→「赤城神社(Akagi jinja)」