礼儀作法(Manners)

神社での作法

神社での作法に厳密なルールはありませんし、地域によって特色もあります。大切なのは、日本の神霊(Japanese Great Spirit)に礼を尽くそうという気持ちです。

 

 

鳥居、御神門の前では一礼をする。

神社の鳥居は、神域と外界の境界線です。くぐる前に一礼をしてください。また、神域に入ってから大きな声で話をしたり、ふざけたり、騒いだりすると、他の参拝者の迷惑になりますので、静粛に。

 

 

参道の中心は歩かない。

参道の真ん中は「正中(sei chu)」と言い、神霊(Great Spirit)が通る所とされているので、なるべく歩かないようにしましょう。

 

 

手水舎(Cho zu sha)で「清め(Kiyome)」を行う

1.右手で柄杓を持ち左手を洗う→

2.左手に持ち替えて右手を洗う→

3.右手に持ち直し、左手で水を受けて口をすすぐ→

4.柄杓を縦にして、柄の触った所を洗い清める→

5.元の位置に柄杓を伏せて置く。

※柄杓は大勢の人が使うものです。衛生上の理由から直接口をつけてはいけません。次に使う人の事を考えて、水で清めてから元の位置に戻しましょう。

 

 

参拝作法

1.軽く一礼して、お賽銭を入れてから鈴を鳴らす。

2.二度、深くお辞儀をする。

3.右手を少しだけ下げて手を合わせ、柏手を二度打つ。

4.深くお辞儀をする。

※出雲大社(Izumo taisha)と宇佐八幡宮(Usa hachiman gu)は「二礼、四拍、一礼」、吉水神社(Yoshi mizu jinja)は「二礼、十七拍、一拝」です。

 

 

退出の礼

参拝を終えて、鳥居や門を潜る際に、振り返って一礼をします。

 

 

動画での説明


 

仏閣での作法

日本の仏教宗派はいくつもあり、それぞれ作法に特色があります。大まかなルールはあるものの、現地に作法説明の看板などがありましたら、それに従って参拝してください。

 

 

山門(San mon)の前で、軽く一礼

寺院の山門(San mon)は鳥居と同じで、聖域と外界の境目です。合掌して一礼してから潜ってください。その際、敷居を踏まないように気を付けましょう。

 

 

手水舎(Cho zu sha)で「清め(Kiyome)」を行う。

基本的な作法は、神社と同じです。場所によっては「閼伽堂(Aka do)」と呼称する所もあります。閼伽(Aka=argha)とは、客人の接待のときに捧げられる水の事です。

 

 

香炉で「清め(Kiyome)」を行う

香炉がある場合は、お香の煙で心身を清めます。また、お香の煙は献上物とも考えられています。

 

 

参拝の作法

1.お賽銭を入れる。

2.鈴や鐘があるなら三回鳴らす。

3.胸の前で合掌する。

4.深く一礼。

※仏教寺院で、柏手(Kashiwa de)は打ちません。

 

 

退出の礼

参拝を終えて門を潜る際に、振り返って一礼をします。

 

 

動画での説明

Posted by どっちん