田辺川湯キャンプ場(Tanabe kawayu camp jo)

キャンプ場(Camp site)和歌山(Wakayama)

〒647-1717 和歌山県 田辺市 本宮町 川湯1288

駐車場:有


 

田辺川湯キャンプ場(Tanabe kawayu camp jo)は、熊野本宮大社(Kumano hon gu taisha)まで自動車で約10分、熊野速玉大社(Kumano hayatama taisha)まで約40分、熊野那智大社(Kumano nachi taisha)まで約一時間、熊野三山・奥宮(Kumano san・Oku no miya)と言われる玉置神社(Tamaki jinja)まで約50分の位置にあるキャンプ場です。

 

 

キャンプ場の入口は、和歌山県道241号・静川請川線(Wakayama kendo 241go Shizukawa ukegawa sen)にあります。

 

 

川湯温泉(Kawayu on sen)の方面から来る場合は、入口が分かり辛いかも知れません。

 

 

熊野川(Kumano gawa)の支流、大塔川(おおとうがわ)にかかる鉄橋を渡ります。

 

 

鉄橋の先に受付があります。

 

 

料金表です。一泊だと大人一人700円、子供一人400円、自動車一台700円、バイク一台200円となっています。ソロの一泊は1400円になります。受付時間はAM8:00からです。

 

 

屋根がある建物は炊事場です。芝生サイトは直火厳禁なので、炊事場を利用するか、焚火台を使いましょう。

 

 

ウォシュレット機能つきの清潔なトイレと、ゴミ捨て場です。トイレの前は水場になっています。

 

 

芝生サイトの奥にも水場があります。

 

 

芝生サイトの奥は河原サイトになっています。ここは直火OKですが、石組みの竈(Kamado)と炭を片付けてから帰るのがマナーです。

 

 

大塔川(Oh toh gawa)の清流です。ここも河原サイトなのでテントやタープを張る事が出来ますが、川の増水に注意しましょう。

 

 

拡張工事が行われて、鉄橋の下まで河原サイトになりました。

 

 

田辺川湯キャンプ場(Tanabe kawayu camp jo)は、綺麗な星空が見える事でも知られています。

 

 

田辺川湯キャンプ場(Tanabe kawayu camp jo)の近くに、河原を掘るだけで温泉が湧き出る川湯温泉(Kawa yu on sen)があります。

 

 

大塔川(Oh toh gawa)の河原には、他人が掘ったプライベートな温泉が放置されています。毎年12月から2月の末まで、仙人風呂(Sen nin buro)と呼ばれる巨大な露天風呂が出現します。

 

 

地元の人も利用する格安の浴場もあります。営業時間はAM6:00~PM8:00で、料金は大人一人250円です。据え置きの石鹸やシャンプーは無いので、自分で持っていきましょう。

建物の手前に駐車する事も出来ますが、仙人風呂(Sen nin buro)用の無料駐車場が通年で解放されているので、そこを利用すると良いでしょう。

 

 

まとめ動画です。

 

 

田辺川湯キャンプ場(Tanabe kawayu camp jo)から約40分、玉置神社(Tamaki jinja)から約30分の所に、道の駅・十津川郷(Michi no eki・Totsukawa go)があります。ここでは食事と足湯(Ashi yu)を楽しめます。

 

 

私のお気に入り、丸餅入りの「かちんそば(Kachin soba)」です。魚の出汁と柚子の風味の組み合わせが素晴らしい!