大梅拈華山 圓通 正法寺(Daibai nenge san endu Sho bo ji)

S岩手(Iwate)

〒023-0101岩手県奥州市水沢黒石町正法寺129

駐車場:無料駐車場がある。


 

福井の永平寺(Ei hei ji)、横浜の總持寺(So ji ji)と並ぶ曹洞宗の本山、大梅拈華山 圓通 正法寺(Daibai nenge san endu Sho bo ji)は、奥の正法寺(Oku no Sho bo ji)」の名で親しまれている古刹です。

 

 

拝観パンフレットに記されている、正法寺(Sho bo ji)の境内案内図(Information map)です。

 

 

正法寺(Sho bo ji)の惣門(So mon)前です。拝観者用駐車場は、ここから少し離れた所にあります。この道を右折してください。

 

 

そのまま国道343の橋の下をくぐって先に進みます。

 

 

その先に観光駐車場があります。右側の赤丸はバス用の入口で、左側の赤丸が一般車両の入口になっています。

 

 

駐車したら、歩いて惣門(So mon)の前に戻ります。その途中、国道343の橋の手前に、見晴らし台があります。

 

 

見晴らし台からの眺めです。正面の茅葺屋根が、正法寺(Sho bo ji)の法堂(Hatto)です。法堂(Hatto)とは、住職が説法などを行う道場の事を言います。

 

 

惣門(So mon)前の料金所です。ここで拝観料を払って、パンフレットをいただきましょう。拝観料は500円(2019年)です。

 

 

惣門(So mon)を料金所の前から。1665年に建築され、1799年の火災の際にも焼け残った、国指定の重要文化財です。

 

 

惣門(So mon)を正面から。手前の橋は圓通橋(En du bashi)です。

 

 

惣門(So mon)を近くから。まるで禅の修行の厳しさを表しているかのように、石段は角度が急で、石も大きいので上りにくいです。

 

 

惣門(So mon)を後ろから。石段が壁のようです。

 

 

石段を上って、境内を見渡します。赤い屋根が坐禅堂(Za zen do)、正面の茅葺屋根が法堂(Hatto)、一番右が庫裏(Kuri)です。

 

 

石灯篭の手前に、曹洞宗の守護神である白山妙理大権現(Haku san myo ri dai gon gen)が祀られています。開祖の道元禅師(Zen master Do gen)が大陸での修行を終えて帰国する前日に、白山妙理大権現(Haku san myo ri dai gon gen)に助けられたと言う伝承があります。

 

 

境内の右側に鐘楼堂(Sho ro do)があります。こちらも国の重要文化財です。

 

 

鐘楼堂(Sho ro do)の鐘を近くから。建築されてから一日も休まず鐘を撞き、時刻を知らせているそうです。

 

 

鐘楼堂(Sho ro do)の隣に庫裏(Kuri)があります。ここから建物の中に入ります。

 

 

庫裏(Kuri)を斜めから。法堂(Hatto)を含む全ての建物が、回廊で繋がっています。

 

 

回廊を外側から。残念ながら建物の中は撮影禁止です。

 

 

回廊から法堂(Hatto)を望みます。御本尊(Religious-symbol)は、如意輪観世音菩薩(Nyoi rin kan ze on bosatsu)です。

 

 

 

右側の木の陰に隠れていますが、回廊から開山堂(Kai zan do)を望みます。ここでは正法寺(Sho bo ji)御開山の無底禅師(Zen master Mutei)を祀っています。

 

 

開山堂(Kai zan do)を近くから。建物の内部は撮影禁止です。

 

 

庫裏(Kuri)の外に出て、境内を散策します。手前にあるのは蛇体石(Ja tai ishi)で、赤い屋根が坐禅堂(Za zen do)で、その右側の建物は法堂(Hatto)です。

 

 

法堂(Hatto)を遠くから。その手前に佛殿跡(Butsu den ato)があります。

 

 

佛殿跡(Butsu den ato)を近くから。本来なら釈迦如来(Shaka nyo rai)、文殊菩薩(Mon ju bosatsu)、普賢菩薩(Fugen bosatsu)の三尊像が安置される場所なのですが、1799年の火災による焼失から再建される事が無く、跡地が残るのみです。

 

 

法堂(Hatto)を正面から。国内最大級の茅葺屋根で有名です。因みに、正式名称である大梅拈華山 圓通 正法寺(Daibai nenge san endu Sho bo ji)の円通(En du)とは、観世音菩薩(Kan ze on bosatsu)の事です。

 

 

佛殿跡(Butsu den ato)の手前に、山門跡(San mon ato)があります。山門も火災で焼失した後、再建される事が無かったようです。

 

 

坐禅堂(Za zen do)の左側に、熊野大権現堂(Kumano dai gongen do)への道があります。

 

 

道の途中に、児啼池(Ko naki no ike)があります。その昔、ある母親が子供をこの池に捨ててから、夜になると子供の泣き声が聞こえるようになってしまったとか。時の住職が供養をしてから、泣き声は聞こえなくなったそうですが・・・。

 

 

児啼池(Ko naki no ike)の先に、熊野大権現堂(Kumano dai gongen do)があります。

 

 

正法寺(Sho bo ji)御開山の無底禅師(Zen master Mutei)が熊野本宮(Kumano hon gu)に籠って祈念していた時に、夢の中に老人が現れて石を一つ授けてもらったと言い伝えられています。熊野大権現堂(Kumano dai gongen do)には、その石が祀られているそうです。

 

 

熊野大権現堂(Kumano dai gongen do)から、法堂(Hatto)を望みます。