建長寺(Ken cho ji)

K神奈川(Kanagawa)

〒247-8525 神奈川県鎌倉市山の内

駐車場:有料駐車場がある。


 

建長寺(Ken cho ji)は、時の政権によって1253年に創建された禅宗の寺院です。

 

 

建長寺(Ken cho ji)の境内案内図(Information map)です。

 

 

建長寺(Ken cho ji)駐車場入り口は、県道21号・横浜鎌倉線沿いにあります。乗用車の料金は600円です。

 

 

駐車場入り口の北側、バス停の前にある西外門(Nishi ge mon)です。天下禅林(Ten ka zen rin)と書かれた扁額があるので、天下門(Ten ka mon)とも言われています。

 

 

西外門(Nishi ge mon)を潜ると駐車場に出ます。奥に見えるのは総門(So mon)です。

 

 

総門(So mon)を近くから。奥に拝観受付があります。

 

 

総門(So mon)を潜って参道(San do)を歩きます。奥に見えるのは三門(San mon)です。

 

 

三門(San mon)を近くから。扁額には建長興国禅寺(Ken cho ko koku zen ji)と書いてあります。

 

 

三門(San mon)とは三解脱門(San gedatsu mon)の略称であり、三解脱(San gedatsu)とは禅の道における空(Ku)、無相(Muso)、無作(Musa)の境地を意味しています。

 

 

三門(San mon)の右側には鐘楼(sho roh)と国宝の梵鐘(Bon sho)があります。これは1255年に鋳造されたもので、御開山の蘭渓道隆禅師(Zen master rankei doryu)の銘文が刻まれています。

 

 

鐘楼(sho roh)の左側には嵩山門(Su zan mon)があります。この先には禅僧達の修行場である僧堂(So do)や坐禅堂(Zazen do)があるので、観光客は入れません。

 

 

嵩山門(Su zan mon)の近くに、仏殿(Butsu den)があります。

 

 

仏殿(Butsu den)の手前には、中国大陸からの渡来僧であり御開山の蘭渓道隆禅師(Zen master ran kei do ryu)が種を撒いたと言われる柏槇(Byaku shin)の木があります。

 

 

仏殿(Butsu den)の入口です。

 

 

仏殿(Butsu den)には、御本尊(Religious-symbol)の地蔵菩薩坐像(Jizo bosatsu za zoh)があります。地蔵(Jizo)が禅宗寺院の御本尊(Religious-symbol)になっているのは珍しいです。

 

 

仏殿(Butsu den)の真後ろ法堂(Hattoh)があります。総門(So mon)から法堂(Hattoh)まで、ほぼ一直線上にあります。

 

 

法堂(Hattoh)を正面から。扁額には東海法窟(To kai ho kutsu)と書いてあります。

 

 

法堂(Hattoh)の奥には千手観音菩薩坐像(Sen ju kan non bosatsu za zoh)が安置され、その手前には釈迦苦行像(Shaka kugyo zoh)のレプリカが安置されています。

 

 

法堂(Hattoh)の天井には、雲龍図(Un ryu zu)が描かれています。この絵を描いたのは、京都の建仁寺(Ken nin ji)と同じ小泉淳作(Ko izumi jun saku)という画家です。

 

 

建仁寺(Ken nin ji)

 

 

法堂(Hattoh)の左側から唐門(Kara mon)を望みます。

 

 

この唐門(Kara mon)は東京の増上寺(Zo jo ji)にあったものですが、1647年に建長寺(Ken cho ji)に寄付されて、方丈・龍王殿(Ho ji・ryu oh den)の正門になりました。元は徳川将軍家の霊廟の門なので、漆塗りの豪奢な作りになっています。

 

 

唐門(Kara mon)の右側に、方丈・龍王殿(Ho ji・ryu oh den)の入口があります。

 

 

方丈・龍王殿(Ho ji・ryu oh den)の内部です。方丈(Ho jo)とは住職が住む場所の事ですが、法要・坐禅・研修の場としても使われます。

 

 

方丈・龍王殿(Ho ji・ryu oh den)の坐禅道場です。建長寺(Ken cho ji)は臨済宗(Rin zai shu)の寺なので、坐禅をする際は単布団(Tan buton)と言う長方形の座布団を折り曲げて使います。

 

 

方丈・龍王殿(Ho ji・ryu oh den)の庭園(Tei en)です。この庭園(Tei en)の設計者は、御開山の蘭渓道隆禅師(Zen master rankei doryu)と言われています。

 

 

臨済宗・リンク集(Rinzai shu・Link)