自源寺(Jigen ji)

寺院 (Temple)福島(Fukushima)

〒967-0321 福島県南会津郡南会津町井桁109

駐車場:境内の前に駐車可。


 

真宗・高田派(Shin shu・Takada ha)の寺院、慈録山・自源寺(Jiroku san・Jigen ji)です。真宗(Shin shu)は浄土真宗(Jodo Shin shu)とも言う大乗仏教の宗派の一つで、高田派(Takada ha)はその一派です。

 

 

自源寺(Jigen ji)の入り口は、北側と西側の2ヶ所あります。下の写真は西側の入り口です。

 

 

上の写真、電信柱の左側に見えるのは寺号標(Sign of Temple)です。冬になると、雪に埋もれて見えなくなります。

 

 

佐倉山十善堂(Sagura yama ju zen do)の子育て地蔵(Ko sodate jizo)です。八代目・照円和尚(Sho en osho)の時代に、夢のお告げにより地面から掘り出された御地蔵様です。この御地蔵様に願をかけると子供を授かったり、元気に育つと言い伝えられています。

 

 

西門から少し歩くと、本堂(Hon do)の前に出ます。写真の右側に見えるのは六地蔵堂(Roku jizo do)です。自動車の場合は、本堂(Hon do)や六地蔵堂(Roku jizo do)の前を塞がないように駐車しましょう。

 

 

この地域は昔から冷害と不作に苦しみ、時には餓死者が出たり、やむを得ず間引きをした事もあったそうです。本来、真宗(Shin shu)に六地蔵(Roku jizo)を信仰する習わしはありませんが、亡くなった方や遺族を慰める為に、宗派を超えた祈りと願いを込めて安置する事になったそうです。

 

 

本堂(Hon do)の装飾彫刻と扁額です。あまりじっくり見る機会は無いかも知れません。

 

 

本堂(Hon do)の中には、御本尊(Religious symbol)である阿弥陀如来(Amida nyo rai)の像が安置されています。

 

 

御本尊(Religious symbol)は木製の立像で、平成23年に南会津町の有形文化財に指定されています。

 

 

この写真は、平成27年に行われた文化財調査の際に撮影されたものです。撮影者は南会津文化財保護審議会・会長の小林宗一先生(Kobayashi soichi)です。

 

 

サイト外リンク→「写真家・小林宗一 プロフィール」

 

 

こちらの絵像も、自源寺(Jigen ji)の御本尊(Religious symbol)です。普段は大切に保管されていますが、報恩講(Ho on koh)などの法要(buddhism ceremony)の際に見る事が出来ます。

 

 

本堂(Hon do)の右側には、浄土真宗(Shin shu)の宗祖である親鸞(Shin ran)の坐像が安置されています。

 

 

親鸞(Shin ran)の坐像の隣には、親鸞(Shin ran)が選定した龍樹(Ryu ju)、天親(Ten jin)、曇鸞(Don ran)、道綽(Do Shaku)、善導(Zen do)、源信(Gen shin)、源空(gen ku)の七高僧(Shi chi koh soh)の姿が描かれた掛け軸があります。

 

 

本堂(Hon do)の左側には、聖徳太子(Sho toku tai shi)の掛け軸があります。親鸞(Shin ran)は聖徳太子(Sho toku tai shi)が建立した京都(Kyoto)の六角堂(Rokkaku do)に100日間籠った際に、夢の中で啓示を受けたとされています。

 

 

本堂(Hon do)の左隣の部屋にも、六地蔵(Roku jizo)が安置されています。

 

 

本堂(Hon dou)の欄間(Ran ma)には飛天(Hi ten)の彫刻があります。通常は透かし彫り(Sukasi bori)という技法で彫刻されるのですが、自源寺(Jigen ji)の飛天(Hi ten)は浮き彫り(Uki bori)という技法で彫刻されています。

 

 

本堂(Hon do)には、浄土三部経(Jodo sanbu kyo)の古い巻物があります。浄土三部経(Jodo sanbu kyo)とは、無量寿経(Muryo ju kyo)観無量寿経(Kan muryo ju kyo)阿弥陀経(Amida kyo)を合わせた総称であり、真宗(Shin shu)の最重要経典です。

 

 

特別に観無量寿経(kan Muryo ju kyo)を見せて頂きました。

 

 

経典の手前にある黒い箱の中には、御書(Go sho)が納められています。御書(Go sho)とは、親鸞(Shin ran)や歴代の高僧が書いた手紙などの総称で、高田派(Takada ha)は現存する御書(Go sho)の四割強を収蔵しています。

 

 

本堂(Hon do)の中には、こういう物もあります。今は全て火葬ですが、半世紀前までこの地域は土葬が主流であり、葬儀の際には棺桶の上にこれを乗せて埋葬場所まで運ぶ風習があったそうです。

 

 

南会津町(Minami aizu cho)のこの付近は、2006年まで舘岩村(Tate iwa Mura)と言いました。その村名は1889年に制定されたもので、その前は井桁村(Igeta mura)と言いました。少し離れた只見(Tadami)地域では縄文式土器が出土しており、遙か昔から人が住んでいた事が分かっています。

それ故か自源寺(Jigen ji)の歴史も古く、1280年に源龍和尚(Gen ryu osho)が開山したとの記録が残っています。開山当初の自源寺(Jigen ji)は天台宗(Tendai shu)の寺でしたが、1655年8月に本山・専修寺(Honzan・Senju ji)に帰参したとの事です。

自源寺は1676年に焼失しており、約百年後の1764~1771年頃に現住所で再建されました。跡地の正確な位置は不明ですが、今でも岩下地区には自源寺沢(Jigen ji zawa)や、自源寺川(Jigen ji gawa)といった地名が残っています。

 

また、この地域ではエゴマの事を「じゅうねん(Ju nen)」と呼びます。一般的には「食べると十年(Ju nen)寿命が延びる」から、その名がついたとされていますが、自源寺(Jigen ji)の源龍和尚(Gen ryu osho)がエゴマの種を撒く時に「十回、念仏を唱えなさい(Ju nen)」と言った事から、その名がついたという説もあります。

 

 

自源寺(Jigen ji)には、火事で焼け残った法華経(Hokke kyo)一巻があります。この経文は、1466年に村の狩人が鳥獣供養として寺に納めたものです。

真宗(Shin shu)で法華経(Hokke kyo)を用いる事はありませんが、当時の自源寺(Jigen ji)は天台宗(Ten dai shu)の寺院ですし、天台宗(Ten dai shu)は法華経(Hokke kyo)を重視するので、その頃に納める経典としては相応しかったのです。

 

 

この法華経(Hokke kyo)の経文は、火災で生じた気流に乗って天狗岩社(Tengu iwa sha)付近まで飛ばされて、逆さ唐松(Sakasa kara matsu)の枝に引っ掛かったと言い伝えられています。天狗岩社(Tengu iwa sha)については、下記リンク先の記事をお読みください。

福島県・南会津町(Fukushima・Minami aizu)の旅