古峯神社(Furumine jinja)

F栃木(Tochigi)

〒322-0101 栃木県鹿沼市草久3027

駐車場:無料駐車場が複数ある。


 

火伏せの天狗信仰で有名な、古峯神社(Furumine jinja)です。

 

 

分かれ道の右側には鳥居が見えます。鳥居の手前と、その奥は、駐車場になっています。分かれ道を左側に行くと、すぐの所に大駐車場があります。さらにその先に行くと古峰ヶ原高原や、日光発生の地と言われる深山巴の宿(Jinsen tomoe no shuku)があります。

 

 

サイト内リンク→「深山巴の宿(Jinsen tomoe no shuku)」

深山巴の宿(Jinzen tomoe no syuku)

 

 

鳥居手前の駐車場や、奥の駐車場は、あまり規模が大きくありません。平日の早朝ならともかく、例大祭や紅葉の時期は、最初から大駐車場を目指した方が良いかも知れません。

 

 

一の鳥居を正面から。奥に見えるは二の鳥居です。

 

 

一の鳥居、手前におわす狛犬です。

 

 

二の鳥居を近くから。奥に三の鳥居が見えますが、その手前は橋になっています。

 

 

橋の中央から、三の鳥居を望みます。右側に古峯神社(Furumine jinja)の社号標が見えますね。

 

 

橋の下には、川が流れています。

 

 

三の鳥居を近くから。左側の奥にあるのは手水舎で、その奥には四の鳥居が見えます。

 

 

手水舎(cho zu sha)を正面から。この日は天気が良く、紅葉も綺麗でした。作法については、下記リンク先に説明ページがありますので御覧ください。

 

 

サイト内リンク→「礼儀作法(Manners)」

Manners

 

 

手水舎を横から、単焦点マクロレンズにて撮影しました。

 

 

四の鳥居を近くから。左側の奥に見えるのは「古峯園(Kohou en)」と言う庭園です。開園はAM9時からで、入園料は300円です。この写真を撮影したのはAM7時頃だったので、まだ門が閉じています。

 

 

サイト内リンク→「古峯園(Kohou en)」

古峯園(Kohou-en)

 

 

四の鳥居の左側、古峯園入り口の手前に、巨大な天狗の面があります。写真の右側、奥の方に、五の鳥居と、六の鳥居が見えますね。

 

 

巨大な天狗の面の手前から、四、五、六の鳥居を望みます。奥に見える茅葺き横長の建物は、古峯神社の本殿です。この本殿には、社務所、宿泊施設、直会会場の全てが収まっています。

 

 

五、六の鳥居を正面から。階段を上って、突き当たりを右に曲がると、拝殿があります。

 

 

これは階段の途中、六の鳥居を潜った先の踊り場で撮った写真です。

 

 

踊り場の左側には、天狗のお面と、御朱印の見本が並ぶ場所があります。ここも本殿の一部と言ってしまって良いのでしょうか?

 

 

階段を先を右折すると、拝殿の前に出ます。まず、ここで参拝をしてから、本殿の中に入りましょう。

 

 

拝殿を正面から。彫刻が凄いです。

 

 

拝殿の向かって右側に、本殿への入り口があります。下駄箱に靴を預けてから、自分で扉を開けて入る形になるので、最初は戸惑うかも知れません。本殿の屋根の部分、写真の中央あたりに天狗の鬼瓦が見えます。本殿入り口の手前にあるのは授与所です。

 

 

古峯神社の御祭神である日本武尊(Yamato takeru no mikoto)は、火伏せの御神徳が高い事で知られています。

 

 

本殿と授与所の間は道になっていて、その奥には・・・何と、郵便局の裏口があります。

 

 

本殿の入り口に戻って中に入り、右側に向かいます。本殿の中も見所が一杯です。

 

 

本殿の中は旅館のような作りになっていて、その中には巨大な天狗の面を祀る部屋もあります。この写真からは何も感じないと思いますが、実物は迫力満点で、参拝客のお子様達はガチでビビっていました。

 

 

通路の奥には「不滅の御神火(Fumetsu no Go shin ka)」があります。創祀以来ただの一度も絶やした無い火で、釜の湯気に当たれば無病息災で過ごせるとの言い伝えがあります。通路はやや暗く、光量が足りなかったので、ブレた写真しか撮れませんでした。

 

 

通路を戻って、入り口の左側に向かうと、祭壇の間に出ます。

 

 

振り返ると、建物の外の拝殿から参拝をしている人達を見る事が出来ます。

 

 

本殿の中は、天狗グッズでいっぱいです。

 

 

古峯神社は、御朱印の種類が豊富な事で知られています。神職の方の話では、専用の朱印帳を持っていて、全種コンプリートしている参拝者も居るのだとか。

 

 

古峯神社の御朱印を希望する人は多いので、とても時間が掛かります。その間に古峯園(Kohou en)を散策したり、日光発祥の地である深山巴の宿(Jinsen tomoe no shuku)に参拝すると良いでしょう。

サイト内リンク→「古峯園(Kohou en)」

古峯園(Kohou-en)

 

 

サイト内リンク→「深山巴の宿(Jinsen tomoe no shuku)」

深山巴の宿(Jinzen tomoe no syuku)

 

 

ここから自動車で一時間ほど走行すれば、日光東照宮(To sho gu)や、日光二荒山神社・中宮祠(Nikko futarasan jinja・Chu gu shi)に行く事が出来ます。

サイト内リンク→「日光リンク集(Nikko Link)」

日光リンク集(Nikko Link)