前沢曲家(Mae zawa magari ya)と、その周辺

M福島(Fukushima)

〒967-0306 福島県南会津郡南会津町前沢

駐車場:無料駐車場がある。


 

茅葺屋根のL字家屋で知られる、前沢曲家(Mae zawa magari ya)集落です。

 

 

前沢曲家(Mae zawa magari ya)集落は、南会津町の観光スポットとして高い人気を誇っています。正面に見えるのは無料駐車場と、美味しい蕎麦で有名な「そば処曲家(Soba dokoro Magari ya)」さんです。

 

 

写真の右側に料金所が見えます。入場料は300円です。左側に見える橋を渡って、集落に向かいます。因みに、道路向かいの山に展望台があり、そこから集落を一望できるそうです。

 

 

橋の上から舘岩川(Tate iwa gawa)を望みます。ここは1590年代に会津武士が開拓した集落で、昔は舘岩川(Tate iwa gawa)の沢(Zawa)の前(Mae)にあった事から、前沢(Mae zawa)と名がつきました。現在は南会津町という町名ですが、少し前までこの地域は舘岩村(Tate iwa mura)と呼ばれていました。

 

 

橋を渡ると、石像が迎えてくれます。水車と「バッタリ(Battari)」と呼ばれる建造物の後ろには、前沢ふるさと公園(Mae zawa furusato koh en)があります。

 

 

水車小屋です。水力で杵を動かして、米・粟・稷などを脱穀します。

 

 

水車を動かす水は、水路を作って運んでいるようです。

 

 

これが「バッタリ(Battari)」です。シーソーの先に水を溜めて、一定量溜まると杵が動くようになっています。その時に、とても良い音がするのです。

 

 

水車小屋から少し歩くと、集落に入ります。

 

 

道の左側に、集会所と資料館がありました。正面の建物は蔵でしょうか。

 

 

看板には「雪深い山里の中に佇む前沢曲家(Mae zawa magari ya)集落は、村の歴史や風土、又、人々の生活を如実に物語っております。この歴史的文化遺産としての曲家(magari ya)を後世に後生に伝え皆さんに親しんでいただくため資料館として移築しました。」と書いてあります。資料館は雪の無い4月~11月のみ開館です。

 

 

資料館の横には、緊急時に鳴らす鐘があります。観光客が叩いてはいけません。

 

 

資料館を後ろから。この建物も曲家(magari ya)です。内部を見学出来るのは、この一軒だけです。

 

 

こちらは実際に人が住んでいる本物の曲家(magari ya)です。当然の事ながら、内部を見学する事は出来ません。

 

 

曲家(magari ya)がいっぱいあります。写真の腕に自信のある方なら、きっと良い写真が撮れる事でしょう。

 

 

曲家(magari ya)らしい部分のアップです。近くから見ると、どうなっているのかが良く分かります。昔は右側の出っ張った部屋で農耕用の牛や馬を飼っていて、家族同然に大切に育てられていたとの事です。

 

 

集落の中に、鳥居がありました。

 

 

どうやら、ここから入っていくしかないようです。

 

 

鳥居を正面から。雰囲気がありますね。

 

 

苔むした石段を登ります。石段自体が小さいし、手すりも無いので、ちょっと恐かったです。

 

 

石段を登ると、複数の祠がありました。

 

 

祠の右側には、鹿島神社(Kashima jinja)がありました。

 

 

賽銭箱(Sai sen bako)に、珍しい御神紋(Religious symbol)がありました。一応は調べたのですが、ちょっと分かりませんでした。

 

 

鹿島神社(Kashima jinja)の横に、道がありました。先に行ってみましょう。

 

 

道の先には、祠がありました。

 

 

鹿島神社(Kashima jinja)から戻る途中で、修理中の屋根を見ました。

 

 

工事の覆いには「伝統工法に学び、新しい技術へ」と書いてあります。

 

 

鳥居の前の道路に戻り、先に進みます。途中に薬師堂(Yakushi do)と書かれた立て看板がありました。

 

 

薬師堂(Yakushi do)を、やや正面から。御本尊は薬師如来(Yakushi nyorai)です。

 

 

薬師堂(Yakushi do)の扁額です。瑠璃殿(Ruri den)と書いてあります。瑠璃とはラピスラズリの事で、薬師如来(Yakushi nyorai)は東方浄瑠璃世界の教主なので、瑠璃の名が用いられているのでしょう。

 

 

薬師堂(Yakushi do)の向かって左側には、馬力神(Ba riki shin)と彫刻された石碑があります。これは、かつて東北地方において盛んだった風習で、愛馬の冥福を祈るものです。

 

 

前沢曲家(Mae zawa magari ya)から向かって352号線を左に行くと、檜枝岐村(Hino e mata mura)や尾瀬国立公園(Oze park)に行けます。右に行くと田代山湿原に至る栗山舘岩線や、舘岩川(Tate iwa gawa)の名前の由来になった立岩(Tate iwa)があります。

 

 

立岩(Tate iwa)の駐車場には看板があり「いつの時代かは定かでは無いが、一夜にして立岩(Tate iwa)がこの地に現われ、それに驚き腹を立てた大胆坊(Dai tan boh)という巨人が、立岩(Tate iwa)の頭部を蹴飛ばした。蹴飛ばされた立岩(Tate iwa)の頭部は5km先に落ち、岩下という地名が残った」というような事が記されています。

 

 

赤丸の中に立岩(Tate iwa)の一部を見る事が出来ます。緑が生い茂っている所為で、少々見え難いですね。昔は立岩(Tate iwa)に登る事が出来たそうですが、今は難しいようです。

 

 

立岩(Tate iwa)の近くに「おあしす(Oasis)」という中華料理のお店があります。ここの店長さんは、管理人が立岩(Tate iwa)について調べていた時に、色々と協力してくれました。

 

 

担々麺(Tan tan men)が一番人気との事でしたが、他の料理も美味しいと評判です。震災前は、店の前に行列が出来る程の人気だったとか。店長さん、お世話になりました。

 

 

おあしす(Oasis)の先に、会津高原たかつえスキー場(Takatsue ski resort)の入り口があります。昔、その地域は高杖村(Takatsue mura)と言って、木製の椀などを作る木地師(Ki ji shi)の集落があったそうです。橋の下を流れる川は、舘岩川(Tate iwa gawa)です。川を渡ると慈録山・自源寺(Jiroku san・Jigen ji)があります。

 

 

福島県とその周辺では、エゴマの事を「じゅうねん(Ju nen)」と呼びます。

栄養豊富で、食べると十年長生きするからそう呼ばれるようになったとか、慈録山・自源寺(Jiroku san・Jigen ji)の源龍和尚(Gen ryu osho)が「種をまいたら、十回、念仏を唱えなさい(十念)」と言ったから、そう呼ぶようになったとも言い伝えられています。

また、この地域の特産品である舘岩赤カブ(Tate iwa aka kabu)の漬物も、自源寺(Jigen ji)の坊守が製法を確立したものです。

慈録山・自源寺(Jiroku san・Jigen ji)

 

 

自源寺(Jigen ji)の近くには、トチノキの巨木で有名な井桁・鹿島神社(Igeta・Kashima jinja)があります。

 

 

 

本殿(Hon den)です。御祭神は武甕槌命(Take mikazuchi no mikoto)、大雷神(Oh ikazuti no kami)、活津日子根命(Ikutu hikone no mikoto)の三柱です。

 

 

福島県「緑の文化財」に指定された、推定樹齢500年のトチノキです。根元にあるのは、稲荷神社(Inari jinja)です。この地域の巨木と言えば、このトチノキと、逆さ唐松(Sakasa  karamatsu)が有名です。

 

 

逆さ唐松(Sakasa karamatsu)は、慈録山・自源寺(Jiroku san・Jigen ji)の寺宝と関係が深い天狗岩(Tengu iwa)の近くに生えています。352号線沿いにある、美味しい豆腐や、栃餅(Tochi mochi)で人気の井桁豆腐店(Igeta tofu ten)の脇にある参道から入っていきましょう。

 

 

この鳥居をくぐって真っ直ぐ歩き、突き当たりを右折してください。

 

 

逆さ唐松(Sakasa karamatsu)が見えて来ました。この木だけ、やたら目立つのですぐに分かると思います。

 

 

逆さ唐松(Sakasa karamatsu)を近くから。枝が上に向かず垂れ下がっている事から、この名がついたそうです。福島県指定の文化財でもあります。

 

 

逆さ唐松(Sakasa karamatsu)までは砂利が敷かれた坂道ですが、ここからは階段になっています。その先に天狗岩社(Tengu iwa sha)があるのですが、慈録山・自源寺(Jiroku san・Jigen ji)と深い関係がある事から、写真はそちらのページでUPしています。

 

 

逆さ唐松(Sakasa karamatsu)から道を戻り、参道の鳥居を左に見ながら直進すると、天狗(Tengu)という定食屋さんの駐車場に出ます。

 

 

会津ラーメンや、名物の焼き餃子が人気のお店の名前は、天狗岩社(Tengu iwa sha)にちなんだのかも知れません。

 

 

352号線を会津田島(Aizu tajima)方面に行く途中に、南会津のマッターホルンと言われる佐倉山(Sagura yama)の登山口があります。その右側に、小さいながらも駐車場があります。藪漕ぎ必至なので、準備は入念に。

 

 

この登山道からは、天狗岩社(Tengu iwa sha)のある天狗岩(Tengu iwa)を、別の角度から見る事が出来ます。その道の険しさは、慈録山・自源寺(Jiroku san・Jigen ji)の現住職が登山に挑戦したものの、途中で登頂を断念したほどです。

 

 

会津高原たかつえスキー場(Takatsue ski resort)に最も近いコンビニエンス・ストアーです。上の地図ではYショップとなっています。

 

 

352号線を会津田島(Aizu tajima)方面に向かって走行し、121号線に入って北上した所に、会津若松から日光への宿場町として栄えた大内宿(Oh uchi juku)があります。

大内宿(Oh uchi juku)は、前沢曲家(Mae zawa magari ya)と同じく、古い建築物で有名なので、よく対比されて紹介されています。

大内宿(O uchi juku)

 

 

そのすぐ近くに、奇岩と虚空蔵菩薩(Kokuzo bosatsu)で知られる、塔のへつり(Tou no hetsuri)があります。大内宿(Oh uchi juku)と、塔のへつり(Tou no hetsuri)は近くにあるので、合せて観光する人が多いようです。

塔のへつり(Tou no hetsuri)