塔のへつり(Tou no hetsuri)

T

〒969-5204 福島県南会津郡下郷町 大字弥五島下タ林5316

駐車場:有料駐車場がある。


 

塔のへつりは、奇岩が立ち並ぶ観光名所として知られています。因みに「へつり」を漢字で書くと「岪」となり、これは会津地方の方言で、川縁の険しい断崖という意味です。

 

 

会津鉄道会津線「塔のへつり駅」から徒歩10分、有料駐車場から歩いて数分の所に入り口があります。

 

 

入り口の側にある看板には、岩の名前が書いてあります。

 

 

入り口正面から見える「九輪塔岩」です。

 

 

入り口から少々急な階段が続きます。

 

 

階段からパノラマ撮影をしてみました。橋の向こうに人が居ますね。

 

 

藤見橋(Fujimi hashi)です。若干揺れますが、気にしたら負けですね。

 

 

藤見橋(Fujimi hashi)から向かって右側の風景です。

 

 

降りてきた階段を振り返りました。こうしてみると、あまり急な階段には見えませんね。

 

 

藤見橋(Fujimi hashi)から向かって左側、川下の方角にも奇岩があります。

 

 

川下の方角にも、橋が架かっています。

 

 

藤見橋(Fujimi hashi)の正面左側にも、橋のようなものがありました。今は通行禁止になっていますが、昔は行けたのかも知れません。

 

 

藤見橋(Fujimi hashi)を渡って、岩を削って作った通路をくぐります。

 

 

岩を削って作った通路が見えますが、崩落の恐れがある為、今は通行禁止になっています。

 

 

岩と岩の間に、無数の石積みが・・・。

 

 

 

杭には「虚空蔵菩薩(Kokuzu bosatsu)」「天然記念物」と書いてあります。

 

 

杭の左側に、少々急な石段があります。これを登って虚空蔵菩薩(Kokuzo bosatsu)の御堂に行きましょう。

 

 

虚空蔵菩薩(Kokuzo bosatsu)の御堂です。

 

 

上の写真は、御堂の上部が見切れているので、こちらも御覧ください。

 

 

本堂(Hon do)を斜めから。赤丸の中を見れば分かるように、御本尊(Religious Symbol)の虚空蔵菩薩(Kokuzo bosatsu)は撮影禁止です。

 

 

本堂(Hon do)は岩壁の洞窟の中にあります。写真では何も伝わりませんが、独特の雰囲気があります。

 

 

本堂(Hon do)の左側には、子育て観音(Ko sodate kan non)が安置されています。

 

 

塔のへつり(Tou no hetsuri)は、茅葺屋根の古民家が立ち並ぶ観光地として有名な、大内宿(O uchi juku)の近くにあります。

大内宿(O uchi juku)

 

T

Posted by どっちん