磐椅神社(Iwa hashi jinja)と、その周辺

I福島(Fukushima)

〒969-3102福島県耶麻郡猪苗代町字見禰山1

駐車場:土津神社(Hani tsu jinja)の近くに町営無料駐車場がある。


 

磐椅神社(Iwa hashi jinja)は、福島県(Fukushima)の象徴である磐梯山(Ban dai san)と深い関係があります。磐椅神社(Iwa hashi jinja)に駐車場は無いので、末社の土津神社(Hani tsu jinja)の近くにある駐車場を利用しましょう。

 

 

土津神社(Hani tsu jinja)の境内案内図(Information map)です。磐椅神社(Iwa hashi jinja)はここから東の方角にありますが、先に末社(Massha)の土津神社(Hani tsu jinja)に参拝しましょう。

 

 

白い大鳥居の手前に町営駐車場があります。

 

 

土津神社(Hani tsu jinja)の大鳥居を近くから。残念ながら、撮影時は工事中でした。

 

 

大鳥居を正面から。奥に見えるのは土津神社(Hani tsu jinja)の拝殿(Hai den)です。

 

 

大鳥居にかかる神橋(Shin kyo)を真横から。

 

 

亀石(Kame ishi)です。約12kmほどある採石場から、七ヵ月かけてここまで運んできたそうです。完成後、土台の亀が南に見える猪苗代湖(Inawasiro ko)に逃げてしまうので、北向きに変更したら逃げなくなったという伝説もあります。

 

 

手水舎(cho zu sha)です。作法については、下記リンク先に説明ページがありますので御覧ください。

 

 

礼儀作法(Manners)

 

 

手水舎(Cho zu sha)の先に、土津神社(Hani tsu jinja)の拝殿(Hai den)があります。御祭神は将軍・徳川家康(Shogun・Tokugawa Ieyasu)の孫であり、初代会津藩主(Lord of Aizu)の保科正之(Hoshina Masayuki)公です。

 

 

拝殿(Hai den)の扁額(Hen gaku)には、将軍・徳川家(Shogun・Tokugawa)の紋章である葵紋(Aoi no go mon)があります。保科正之(Hoshina Masayuki)公は、日本史上トップクラスの君主として知られています。

 

 

拝殿(Hai den)の手前に、灯篭(To roh)と大砲の砲弾がありました。

 

 

拝殿(Hai den)の両脇に摂社(Sessha)があります。ここでは保科正之(Hoshina Masayuki)公の御子息や、功績のあった家来を祀っています。

 

 

摂社(Sessha)の右側に、土津神社(Hani tsu jinja)の奥の院(Oku no in)への参道(San do)があります。

 

 

参道(San do)から、拝殿(Hai den)の後ろにある本殿(Hon den)を望みます。

 

 

参道(San do)は、緩い上り坂になっています。全長435mの石畳が続きます。

 

 

参道(San do)の途中に、円清水(Maru simizu)があります。保科正之(Hoshina Masayuki)公が奥の院(Oku no in)に相応しい土地を探している時に、この場所から清水が湧いたと言われています。

 

 

奥の院(Oku no in)が見えてきました。

 

 

土津神社(Hani tsu jinja)の奥の院(Oku no in)です。ここの門にも、将軍・徳川家(Shogun・Tokugawa)由来の葵紋(Aoi no go mon)があります。

 

 

保科正之(Hoshina Masayuki)公は、写真中央の八角形の石「土津神墳鎮石(Hanitsu shin pun sizume ishi)」がある所に葬られました。手前にあるのは墓石です。

保科正之(Hoshina Masayuki)公は、死後に猪苗代湖(Inawashiro ko)が一望できる土地に墓を作り、磐椅神社(Iwa hashi jinja)の末社(Massha)とするようにと遺言を残しました。

 

 

土津神社の大鳥居まで戻って、磐椅神社(Iwa hashi jinja)を目指します。

 

 

道路に標識があるものの、磐椅神社(Iwa hashi jinja)への道は分かり難いです。写真正面にある細い道を約200mほど歩いていきましょう。自動車は交互通行が出来ないので、駐車場に停車する事を勧められています。

 

 

 

細く舗装もされていない道路を歩いていきます。その脇には用水路があります。

 

 

小さな社が見えてきました。一応、道路はロータリー状になっていますが、自動車で来る事はお勧めできません。

 

 

ロータリー状の道路の近くに、会津地方のTOP5に数えられている大鹿桜(Oh shika zakura)があります。福島県、緑の文化財の第一号でもあります。

 

 

磐椅神社(Iwa hashi jinja)の入口に、小さな祠がいくつもあります。

 

 

磐椅神社(Iwa hashi jinja)の境内には、御神木の鳥居杉(Tori i sugi)と、宝の水(Takara no mizu)があります。

 

 

 

宝の水(Takara no mizu)は、会津地方の名水TOP30に選ばれるほどの名水なので、遠くから汲みに来る人も居るそうです。

 

 

磐椅神社(Iwa hashi jinja)の拝殿(Hai den)です。磐梯山(Ban dai san)の旧名は磐椅山(Iwa hasi yama)と言い、これは「天にかかる岩の梯子」と言う意味であり、磐椅神社(Iwa hashi jinja)の名の由来でもあります。

 

 

拝殿(Hai den)を斜めから。御祭神は磐梯山(Ban dai san)山頂から勧請した大山衹神(Oh yama dumi no kami)と、埴山姫命(Hani yama hime no mikoto)ですが、これは遥か昔に磐梯山(Ban dai san)に住み着いていた、手長足長(Te naga ashi naga)という巨人の事です。

 

 

本殿(Hon den)の左側に、稲荷神社(Inari jinja)があります。

 

 

稲荷神社(Inari jinja)の側に、由来の分からない小さな社がありました。

 

 

 

由来の分からない小さな社の後ろ側に、小さな祠がありました。

 

 

磐梯山(Ban dai san)は山岳信仰の山であり、世界的に有名な活火山です。また、南側から見る表磐梯(Omote ban dai)と、北側から見る裏磐梯(Ura ban dai)で全然風景が違うので、とても登山のし甲斐がある山になっています。

 

 

磐梯山(Ban dai san)