小河内神社(Ogouchi jinja)

O東京(Tokyo)

〒198-0224 東京都 西多摩郡 奥多摩町 河内149

駐車場:小さな無料駐車場がある。


 

小河内神社(Ogouchi jinja)は、東京の水瓶の一つである奥多摩湖(Oku tama ko)にあります。

 

 

小河内神社(Ogouchi jinja)への道は非常に分かり辛いです。国道411号線・青梅街道(Oume kaido)を峰谷橋(mine dani bashi)方面から来る場合は更に分かり辛いので、通り過ぎないように注意してください。

 

 

峰谷橋(mine dani bashi)を渡ってすぐの所に馬頭トンネル(Batoh tunnel)があり、トンネルを潜ってすぐの所を左折します。

 

 

国道411号線・青梅街道(Oume kaido)を西側から来る時は、対向車線に気を付けてください。この周辺は交通量が少ないので、皆が結構な速度で走行しています。

 

 

この場所には西東京バス(Nishi tokyo bus)のバス停もあります。

 

 

 

バス停から近い所にある左側のスロープを上ってしまうと、小河内神社(Ogouchi jinja)には行けなくなるので注意してください。

 

 

道の途中に麦山浮橋(Mugi yama uki hashi)への階段があります。雨天で水面が上昇したり、熊が出没した時は通行する事が出来なくなります。

 

 

麦山浮橋(Mugi yama uki hashi)はダム建設によって水没した道路の代わりに建設されたもので、昔はドラム缶を使っていた事からドラム缶橋(Doramu kan bashi)とも呼ばれていました。

 

 

小河内神社(Ogouchi jinja)への道を進んでいくと、道開きの神である猿田彦大神(Saru ta hiko)を祀る石碑と祠が見えてきます。

 

 

途中に分岐点がありますが、ここは直進してください。

 

 

ここから急な坂道になります。雨の日や雪が降った時などは十分に気を付けてください。

 

 

坂道を上ると国旗の掲揚台が見えてきます。この先に駐車場があります。

 

 

小河内神社(Ogouchi jinja)の駐車場です。たまに野生の猪やカモシカと出くわす事がありますし、運が悪いと熊とエンカウントする事もあるようなので十分に注意してください。可能ならば熊鈴やホイッスルなどの登山用グッズを持って行きましょう。

 

 

駐車場からは歩いていくしかありませんが、参道(San do)からの景観は素晴らしいの一言です。

 

 

参道(San do)は緩やかな坂道になっていて、少し歩くと社務所(Sha mu sho)がある広場に出ます。

 

 

広場の石段を上った所に忠霊塔(Chu rei toh)があります。

 

 

忠霊塔(Chu rei toh)の後ろには小さな祠と、奥多摩湖の湖底に眠る霊を供養する為の石碑があります。

 

 

忠霊塔(Chu rei toh)の奥には道があって先に進む事が出来ますが、非常に危険なので注意してください。

 

 

忠霊塔(Chu rei toh)の奥にある、道とは言えないような道を歩いていきます。

 

 

行き止まりには、鉄製の杭のようなものがありました。

 

 

忠霊塔(Chu rei toh)がある広場まで戻ります。向い側に鳥居(Tori i)と石段があり、その左側には急なスロープがあります。

 

 

石段は急な上に苔むしていて滑りやすく危険なので、なるべく左側のスロープを上りましょう。

 

 

石段とスロープの合流点です。右側の通路の先に鳥居(Tori i)が見えます。

 

 

小河内神社(Ogouchi jinja)の鳥居(Tori i)を正面から。奥に拝殿(Hai den)と本殿(Hon den)が見えます。

 

 

 

拝殿(Hai den)から本殿(Hon den)を望みます。

 

 

本殿(Hon den)を斜めから。御祭神(Religious-symbol)はダム建設によって水没した地域で祀られていた9社12柱の神霊です。

 

 

本殿(Hon den)の向かいにある小山には、梯子が設置されています。

 

 

小山の上には小さな祠がありました。

 

 

祠を正面から。小河内神社(Ogouchi jinja)がある奥多摩湖(Oku tama ko)は、多摩川(Tama gawa)の源流です。東京(Tokyo)の大國魂神社(Oh kuni tama jinja)の近くを流れている事から、多摩(Tama)の名がついたという説があります。

 

 

大國魂神社(Oh kuni tama jinja) Part1