諏訪大社・上社前宮(Suwa taisha・kami sha mae miya)

神社(Shrine)長野(Nagano)

〒391-0013 長野県 茅野市 宮川 2030

駐車場:無料駐車場がある。


 

諏訪大社(Suwa tai sha)の社殿は合計四社あります。諏訪湖を挟んで北に下社春宮(Shimo sha haru miya)と下社秋宮(Shimo sha aki miya)があり、南に上社本宮(Kami sha hon miya)と上社前宮(Kami sha mae miya)があります。

上社前宮(Kami sha mae miya)は、上社本宮(Kami sha hon miya)から近い所にあります。

 

 

上社前宮(Kami sha mae miya)の境内案内図(Information map)です。

 

 

上社前宮(Kami sha mae miya)の駐車場は、長野県道16号線・岡谷茅野線(Nagano ken do ju roku go sen・okaya chino sen)沿いにあります。

 

 

駐車場には、農耕の神事を行う為の荒玉社(Ara tama sha)があります。

 

 

駐車場の向かい側には、大きな鳥居(Tori i)があります。

 

 

鳥居(Tori i)の右側に溝上社(Mizo Gami sha)があります。ここから南東の方角、約12kmほど離れた所に御射山社(Misa yama sha)があるのですが、昔はそこに向かう前に溝上社(Mizo Gami sha)に参拝する決まりがあったようです。

 

 

御射山社(Misa yama sha)

 

 

参道(San do)を正面から。急な斜面の右側に細い石段があるという、酷く変わった道になっています。左側に自動車も通れる迂回路があるので、そちらを歩いた方が良いかも知れません。

 

 

この辺りは神原(Go bara)と言って、諏訪大社の最高位神官である大祝(Oh houri)の宮殿があった所です。その宮殿は、上社前宮(kami sha mae miya)の重要な祭祀が行われる場所でした。

 

 

石段を上ると、銅鳥居(Do Tori i)が見えてきます。鳥居(Tori i)の右側には若御子社(Waka miko sha)、左側には十間廊(Jikken roh)という建物があります。

 

 

若御子社(Waka miko sha)を正面から。古い文書には、一月一日には神官達が衣服を整えて、駐車場にある荒玉社(Ara tama sha)と若御子社(Waka miko sha)に参拝したと書かれています。

 

 

十間廊(Jikken roh)では、毎年4月15日に御頭祭(On toh sai)と呼ばれる特殊な神事が行われます。

 

 

十間廊(Jikken roh)の近くには手水舎(Cho zu sha)があります。作法については、下記リンク先に説明ページがありますので御覧ください。

 

 

礼儀作法(Manners)

 

 

手水舎(Cho zu sha)の裏手に回ると、神願門(Shin gan mon)の跡地に出ます。

 

 

遠くに十間廊(Jikken roh)が見えます。昔はこの辺りに神願門(Shin gan mon)があって、神域との境界線になっていたようです。

 

 

銅鳥居(Do tori i)を潜って、石段を上ります。その途中の右側に内御玉殿(Uchi mitama den)があります。

 

 

内御玉殿(Uchi mitama den)を正面から。ここは上社前宮(kami sha mae miya)の宝物を収納していた場所です。

 

 

石段の左側、十間廊(Jikken roh)の裏側には、御祭神(Religious-symbol)に舞踊を捧げる為の場所である神子屋(Mi ko ya)という建物がありました。

 

 

石段を上った先の右側には御室社(Mi muro sha)があります。昔はここに穴倉を掘り、12月22日から3月中旬まで大祝(Oh houri)や他の高位神官たちが籠って、穴巣始め(Ana su hajime)と呼ばれる特殊な祭祀を行っていました。

 

 

御室社(Mi muro sha)の右側に、大祝・頼重(Oh houri・yori shige)の供養塔(Kuyoh toh)があります。

 

 

大祝・頼重(Oh houri・yori shige)の供養塔(Kuyoh toh)を正面から。大祝(Oh houri)は最高位の神官ですが、武士でもあったので、戦争に参加して死亡する事もありました。

 

 

供養塔(Kuyoh toh)の後ろの道を歩いて行くと、民家の手前に鶏冠社(Kei kan sha)が見えてきます。かつてここは大祝(Oh houri)が即位の儀式を行う為の場所でした。

 

 

御室社(Mi muro sha)から先は、石畳の坂が続きます。

 

 

坂を歩いて行くと、上社前宮(kami sha mae miya)の拝門(Hai mon)と、二本の御柱(On bashira)が見えてきます。

 

 

拝門(Hai mon)の前には、水眼(Suiga)と呼ばれる清流があります。ここから約1kmほど山道を登った所に、その源流があります。

 

 

拝門(Hai mon)を正面から。諏訪(Suwa)にある神社(Jinja)には、四方に丸太のような御柱(On bashira)が立っているのが特徴です。約7年毎に御柱祭(On bashira matsuri)が行われて、柱が新しいものに取り換えられます。次回は2022年です。

 

 

諏訪大社(Suwa taisha)は拝殿(Hai den)だけで御神体(Religious-symbol)を納める本殿(Hon den)が存在しないと言われていますが、上社前宮(kami sha mae miya)だけは形式が全く違い、拝門(Hai mon)と本殿(Hon den)が存在します。

諏訪大社(Suwa taisha)の御祭神(Religious-symbo)は、祭祀を行う度に最高位神官である大祝(Oh ho uri)に乗り移ります。上社前宮(kami sha mae miya)の本殿(Hon den)は、乗り移りの祭祀を行う為の場所だったようです。

 

 

諏訪大社・リンク集(Suwa taisha・Link)