貴船神社(Kifune jinja) Part1

K京都(kyoto)

〒601-1112 京都府 京都市 左京区 鞍馬貴船町 180

駐車場:参拝者用の小さな有料駐車場が二ヵ所ある。


 

京都(Kyoto)の鞍馬山(Kurama yama)の麓にある貴船神社(Kifune jinja)は、全国にある貴船神社(Kifune jinja)の総本社であり、その隣に流れる貴船川の上に床を作って料理を提供する川床料理(Kawa doko ryori)の店が多数ある事でも知られています。

 

 

貴船神社(Kifune jinja)の境内案内図(Information map)です。

 

 

貴船神社(Kifune jinja)の一之鳥居(Ichi no tori i)は、叡山電鉄鞍馬線・貴船口駅(Ei zan den tetsu kurama sen・kibune guchi)の近くにあります。因みに、漢字は同じでも神社の名前は「きふね(Kifune)」と読み、地名は「きぶね(Kibune)」と読みます。

一之鳥居(Ichi no tori i)の付近は分岐点になっていて、道路を左折すると貴船(Kibune)方面、右折すると鞍馬(Kurama)方面に向かいます。

 

 

一之鳥居(Ichi no tori i)の隣には、梶取社(Kaji tori sha)があります。御祭神(Religious-symbol)は宇賀魂命(Uga no mitama no mikoto)です。

 

 

一之鳥居(Ichi no tori i)の分岐点を左折して、貴船川(Kibune gawa)沿いの道路を歩いて行くと、蛍岩(Hotaru iwa)が見えてきます。蛍(Hotaru)という昆虫は、夜になると光を発するので人気がありますが、綺麗な水でしか育ちません。

 

 

蛍岩(Hotaru iwa)から少し歩いた所に梅宮社(Ume miya sha)があります。

 

 

梅宮社(Ume miya sha)の御祭神(Religious-symbol)は、木花開耶姫命(Kono hana sakuya hime no mikoto)です。

 

 

梅宮社(Ume miya sha)から少し歩いた所、貴船川(Kibune gawa)の対岸に白石社(Shira ishi sha)があります。御祭神(Religious-symbol)は下照姫(Shita teru hime)です。

 

 

白石社(Shira ishi sha)から少し歩いた所に、烏帽子岩(Eboshi iwa)と呼ばれている奇岩があります。昔、貴船神社(Kifune jinja)に奉職する人が、この岩に礼装の烏帽子(Eboshi)を置き、身を清めたと言い伝えられています。

 

 

烏帽子岩(Eboshi iwa)から少し歩いた所に、天狗(Ten gu)の伝説で有名な鞍馬寺(Kurama dera)の西門(Nishi mon)があります。石段を上った先には、奥の院・魔王殿(Oku no in・maoh den)があります。

 

 

鞍馬寺(Kurama dera) Part1

 

 

鞍馬寺(Kurama dera)の西門(Nishi mon)の近くに、貴船神社(Kifune jinja)の二之鳥居(Ni no tori i)があります。

 

 

二之鳥居(Ni no tori i)のすぐ近くに白髭社(Shira hige sha)があります。

 

 

白髭社(Shira hige sha)の先に、灯籠階段(To roh kaidan)と呼ばれている撮影スポットがあります。

 

 

石段の先には御神門(Go shin mon)があり、その後ろに龍船閣(Ryu sen kaku)と言う展望台兼休憩所があります。

 

 

龍船閣(Ryu sen kaku)を正面から。

 

 

龍船閣(Ryu sen kaku)からの眺めです。残念ながら、あまり見晴らしは良くありません。

 

 

龍船閣(Ryu sen kaku)の向かいに、貴船神社(Kifune jinja)の本宮(Hon gu)があります。

 

 

本宮(Hon gu)の手前には手水舎(cho zu sha)があります。

 

 

手水舎(cho zu sha)を斜めから。作法については、下記リンク先に説明ページがありますので御覧ください。

 

 

礼儀作法(Manners)

 

 

手水舎(cho zu sha)の近くに御神木(Go shin boku)の桂の木があります。

 

 

御神木(Go shin boku)の隣には、貴船川(Kibune gawa)から産出される最高級の庭石である貴船石(Kibune ishi)だけで作られた石庭があります。

 

 

手水舎(cho zu sha)の隣にある石段を上った所に、本宮(Hon gu)の拝殿(Hai den)があります。拝殿(Hai den)の奥には御祭神(Religious-symbol)の高龗神(Taka okami no kami)を祀る本殿(Hon den)があります。

 

 

高龗神(Taka okami no kami)は、水の供給および祈雨と止雨を司る龍神です。因みに、漢字ではこのように書きます。

 

 

龗(okami)の字は、このように書く場合もあります。

 

 

本宮(Hon gu)の前には、御神水(Go shin sui)をいただいたり、水占いをする事が出来る場所があります。

 

 

御神水(Go shin sui)の水源は、遥か上方にあります。

 

 

本宮の石段を下りて、手水舎(cho zu sha)の前に戻ります。そこには祈雨の黒馬と、止雨の白馬の像があります。天候を祈願する為に白黒の馬を奉納する習慣は、奈良県の丹生川上神社(Niu kawakami jinja)が発祥の地とされています。

 

 

丹生川上神社・リンク集(Niu kawakami jinja・Link)

 

 

馬の像の近くに祖霊社(So rei sha)があります。

 

 

祖霊社(So rei sha)の近くに御神門(Go shin mon)があり、その左側に牛一社(Gyu ichi sha)があります。御祭神(Religious-symbol)は梅宮社(Ume miya sha)と同じ木花開耶姫命(Kono hana sakuya hime no mikoto)です。

一説には、牛鬼(Ushi oni)と呼ばれた氏族の先祖を祀っているとも言われています。

 

 

牛一社(Gyu ichi sha)の隣に川尾社(Kawa o sha)があります。御祭神(Religious-symbol)は丹生川上神社・中社(Niu kawakami jinja・nakasha)と同じ、罔象女神(Midu hanome no kami)です。

 

 

川尾社(Kawa o sha)の近くに鈴鹿社(Suzuka sha)があります。御祭神(Religious-symbol)は大比古命(Oh hiko no mikoto)です。

その奥に見えるのは権殿(Gon den)と言って、本殿(Hon den)を改修する際に一時的に御神体(Religious-symbol)を移す為の場所です。

 

 

鈴鹿社(Suzuka sha)から御神門(Go shin mon)の前に戻って、先に進みます。

 

 

石段の下にある鳥居(Tori i)の先に、鈴鹿川(Suzuka gawa)と鈴鹿橋(Suzuka hashi)があります。

 

 

鈴鹿橋(Suzuka hashi)を渡った先にも鳥居(Tori i)があります。ここも人気の撮影スポットです。

 

 

鳥居(Tori i)の近く、坂の下に貴船神社・本宮(Kifune jinja・Hon gu)の有料駐車場があります。ここから先はPart2で紹介します。